自動車保の通販型を一括見積り比較してわかったこと

手がかりは「証拠」。事故車や衣類、現場の写真など、万一に備えて証拠集めを

バイクとトラックの衝突事故で、当初は亡くなったバイクの青年の信号無視が原因とされていたのですが、母親が必死で証拠をかき集めた結果、信号無視をしたのはトラックの方たったことを突き止めたのです。

そして、まったくおりないと言われていた自賠責が、減額なしに100% 支払われたというのです。このように、被害者の家族が独自に押さえた証拠がもとになって過失割合が逆転した例や、裁判で勝訴して自賠責が全額支払われることになったというような例は少なくありません。

どちらかが亡くなったり重傷を負ったような場合は、片方の言い分だけで警察の捜査が終了してしまうことが多く、最終的にはその書類が、自賠責や任意保険の支払いにも影響するわけですが、事故から数力月経ってその調査結果に不満を抱いてみても、なにを根拠に「異議申立て」をすればいいのかわからず、多くの人がそのままあきらめるしかないというのが現実です。

そんなとき、真実解明の手がかりになるのは「証拠」しかありません。現場に残されたスリップ痕や事故車の損傷、また、被害者の衣類などは、事故の瞬間を物語るなによりの証言者です。

解決するまではできるかぎり現物を保管し、それが無理なものは写真で残しておいてください。特に、事故直後の現場には事故の痕跡がたくさん残されています。落下物などはすぐに片付けられてしまいますし、雨でも降ればスリップ痕も消えてしまうので、早めに、多くの角度からたくさん撮影しておくことです。事故車も重要な証拠となります。

警察に保管されていない場合は、すぐに修理や廃車手続きにまわされてしまうので、保険会社に修理工場の名前を聞き、写真を撮らせてもらいましょう。

ポイントは正面・側面を同じ距離から撮ること、また、損傷箇所のアップも必ずおさえておきます。写真にはスケールに代わるもの(道路の工作物やタバコなど)を入れて撮ると、後で大きさがわかりやすく便利です。

また、衣類などは、血がついていたりして目にするのは辛いものですが、事故が解決するまでは、できるかぎり洗濯しないまま保存しておきましょう。もちろん、事故直後にこのような動きをすることはとても難しいものです。

でも、後で後悔しないためにも、自分か動けないときは周囲の人に頼むなどして早期の証拠保全に全力を尽くしてください。中には「そんなこと、警察がやってくれるんじゃないの?」という人も多いと思いますが、警察の作った調書類はあくまでも刑事事件の捜査のためのもの。加害者の刑事処分が決まるまでは、ほとんど見ることができないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です