自動車保険できかない治療について

健康診療、自由診療、どちらで治療を受けるかは、あくまで患者が決めること

「交通事故の場合、健康保険は使えません。自由診療となります」なぜそう答える病院が多いのか… 、前項までの説明で、おおよその見当がついたのではないつまり、「患者側から見れば健保診療の方がトク」で、「病院側から見れば自由診療の方がトク」だということ。

自由診療で患者を診る方が、病院の収益はアップするのです。しかし、どちらの方法で治療してもらうかは、あくまでも患者が決めることです。決定権は健康保険の自動車保険である患者( 被害者) にあるので、病院の言いなりになる必要はありません。

しかし、現実問題として、一生懸命治療に当たってくれている医師に、「健保を使いたいのですが… …」と切り出すのは、なかなか勇気がいるものです。「医師に嫌われたらどうしよう」「自動車保険と健保診療で、治療内容に差がついたらどうしよう」と、不安を訴える被害者も少なくありません。

このようなときは、「私の過失が大きくて、加害者の任意保険から保険金はおりそうにありません。自賠責の範囲内でしか賠償が受けられないので、できるだけ治療費を抑えたいのです」ということをはっきり伝えましょう。そして理解してもらうことです。

もし、そのように説明しても、病院が健康保険での診療を拒否したときは、都道府県の保険課へ相談してください。

実際に、厚生省(当時)からは、「健康保険及び国民健康保険の自動車損害賠償責任保険などに対する求償事務の取扱いについて」という通達が出されています(昭和43年通達一〇六号)。簡単にいうと、「交通事故でも健保が使えますよ」という内容です。

その中から一部抜粋して「……なお、最近、自動車保険については、保険給付が行なわれないとの誤解が被保険者の一部にあるようであるが、いうまでもなく、自動車による保険事故も一般の保険事故となんら変わりがなく、保険給付の対象となるものであります。

この点について誤解のないよう、住民、医療機関に周知を図るとともに、保険者が被保険者に対して十分理解されるよう指導されたい……」このような話をしてもまだ拒否する場合は、早めに良心的な病院に移ることを考えた方がよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です